武蔵野の原風景

武蔵野の原風景
撮影者:
岡村 幸二
撮影日:
2003年12月
撮影場所:
東京都中野区 新井薬師
撮影者コメント

たき火の習慣が消えても、昔ながらの垣根と屋敷林の風景が何かを伝えている

「たきび」のうた発祥の地

かきねの かきねの まがりかど
たきびだ たきびだ おちばたき
「あたろうか」「あたろうよ」
きたかぜ ぴいぷう ふいている

作詞:翼聖歌(1905~1973)

武蔵野の面影をしのぶ

以下、「中野区教育委員会説明板」(昭和58 年3月)より

聖歌は、現在の新井薬師駅周辺を朝な夕なに散歩しながら、「たきび」の歌の詩情をわかせたといわれています。歳月が流れ、武蔵野の景観が次第に消えていくなかで、今もほのかに当時の面影をしのぶことができる場といえます。